相模原市で交通事故・むち打ち・肩・腰痛・骨盤矯正が得意な整骨院|小田急相模原|東林間

相模原市でむちうち治療をお探しの方|交通事故|症例多数のスワン整骨院

交通事故の治療

むち打ち.png

むち打ちの種類  交通事故に遭われてしまったら

頸椎捻挫 全体の70%~80%を占める

可動性が大きく、支持組織が弱いため生じる捻挫、頸部の筋肉の過度の伸長か部分断裂の状態で
頸部周囲の運動制限、運動痛が主症状で神経症状は認められず、予後良好である

症状は胸鎖乳突筋前斜角筋僧帽筋菱形筋棘上筋大胸筋などの損傷や椎間関節の捻挫のよる疼痛圧痛運動時痛がみられる

感覚異常や頭痛感、頭痛、頸部痛、上肢疲労脱力感などの不定愁訴を主体とするが、
二次的に発症した前斜角筋症候群の症状として前腕と手のC7、C8領域に感覚異常が認めれれることがある
約3週間で軽快するが、数か月不定愁訴が継続することもある

バレーリュー症候群

頸部交感神経症状群(同義)頸部損傷により、頸部交感神経に障害が出現
後頭部や頸部の疼痛、耳鳴り、めまい、視力障害、顔面・腕・咽頭の知覚異常など不定愁訴(自覚症状)はあるが他覚症状はない
交感神経過活動による不眠、血圧上昇、耳鳴り、

神経根症

椎間孔内での神経根の圧迫により症状は明らかで頸椎捻挫に加え知覚障害
放散痛、反射異常、筋肉低下などの神経症状を伴う
頭部から上肢まで神経症を呈し咳、くしゃみ、頸椎の過伸展、側屈回旋により、症状が増悪する

脊髄症

深部腱反射亢進、病的反射の出現などの脊髄症状を伴うものであるが

現在ではこの型はむち打ち症状の範疇には含まれず非骨損傷の頸髄損傷とされるのが一般的であるが明確には分類することは難しい

これらの分類に加え、胸郭出口症候群、脳脊髄液減少症の病態を呈するむち打ち症が存在する

交通事故で治らなかったむち打ちの痛みが

スワン整骨院で治る理由

[check]国家資格を取得した交通事故専門家による治療


[check]頸椎治療APTなどむち打ちに特化した治療


[check]病院との連携して通院もできる


[check]最新の治療機器を完備


[check]交感神経過の活動を抑えることができる


[check]徹底した手技力で症状を抑える


[check]交通事故認定院なので安心して施術を受けられる


[check]手技と電機のコンビネーション治療が受けられる


[check]ラドン吸引器で急速に自律神経を整える

当院の治療法

まずは自律神経のバランスを整えていく
当院のラドンは急速に自律神経を整える作用があります
約3日かけてα線が全身を巡りエンドルフィンや副腎皮質ホルモンの増加により、交通事故によるむち打ち症の痛みを改善していきます

ホットパックで交感神経を鎮める

当院のホットパックは湿式で空気中の水分を引き寄せまるで蒸しタオルで温められている感覚があります これで腹部を温めていくと交通事故による神経系統の乱れを整えていきます
むち打ちの痛みにも効果大

微弱電流で筋肉と神経を一度に治療していきます

M3波系は即効性の鎮痛効果があり興奮した神経を鎮め筋肉の痛みをとっていきます
子供の捻挫など数分で腫脹がひいて痛みの軽減するほどの威力のある機器で治療していきます
急性の痛みのむち打ちにはもっとも適しています

テーピング治療

院長はキネシオテーピングマニアと言われる程テーピングにはこだわりがあります
キネシオの素晴らしいとこはお風呂のそのまま入っても大丈夫なとこです
包帯などに比べ2日ほど貼りっぱなしでも良いのです
このキネシオによる除痛効果は最新電機と同等のものがあるのではないでしょうか。
寝違いやむち打ちには相当な効果があります

上部頸椎治療

交通事故によるむち打ち症には非常に効果のある矯正法
脳幹部[延髄]の神経の圧迫を取り除きます
APT療法アクチベータで別名(ノッカー)を使うところが多いのですが
当院は親指の持続の圧で治療していきます

交通事故よるむち打ち症は、人により症状が大きく違います

高速道路で120キロで走行中、後ろから追突されても症状の軽い方

時速40キロでの衝突でも治癒するのに1年以上かかる方

これは一体何故か????

答えは簡単である

上部頸椎の衝撃の違いなのです

猛スピードでぶつけられても、上部頸椎に衝撃が分散されれば

回復力はかなり早いが

時速30キロでも頸椎にかかる衝撃が大きければ長期治療になるケースが多い

頸椎は外部からの衝撃に大ダメージを受けやすい

後頭骨と第1頸椎には椎間板が無いため頸を回しすぎたりすると

老化が一番進みやすいし瞬間的な外力に対して弱いものなのです

私は学生時代、この頸椎1番を瞬間的な外力により

ズラすとどうなるかを実験した事がある

これは、リスティングをして直すべき方向でなく

逆側にわざとズラすのだ

するとどうなるか

交通事故による不定愁訴が襲ってきたのです
吐き気、歩行時の気持ち悪さ、耳鳴り、などの体調不良がきたのです

この第一頸椎はダイレクトに中枢神経に反応を及ぼすといえる

去年、私は交通事故に遭い、むち打ちになっていまし相当頸椎にダメージがきたのだが

やはり事故直後は様々な体調不良になりました

治療は、いかに頸椎を調整するかにかかっている!!

しかし、いきなり頸椎治療ってわけにはいかないのです

交感神経は過敏になっているし、身体が急激な変調時にあるのに

これ以上、中枢神経を刺激しない為です

徐々に徐々に頸椎治療をしていくと良いのです

私は、頸椎の治療はカイロのようなスラストはかけずに
持続でゆっくりと動かしていく

骨というより、周りの筋肉、靭帯のアプローチしていくと

骨は筋肉、靭帯のほぐしにより元に戻ろうとするのです

最初の治療が遅れるほどむち打ちは治りずらいので一刻も早く専門治療院にかかることが望ましいですよ

むち打ち.png

頸椎治療の参考資料 APT

頸椎の一番上にあるアトラスという骨を瞬間的な力で
元に戻し交通事故によるむち打ちを治療していきます

交通事故によるむち打ちの矯正法

APT療法

治療するべきところは頸椎1番(環椎アトラス)ここを緩め胸椎と骨盤を矯正していきます
このアトラスを無理やり後方に動かすと大変な事になります
それだけ重要な骨なのです
アトラスを矯正すると股関節が緩みます、大殿筋や大腿二頭筋も緩めると効果絶大、実はぎっくり腰にも大変効果があります
頸椎1番の矯正が終わり、しばらくしたら今度が頸椎5番の治療に入ります
この5番の治療がうまくいけば相当痛みから解放されるのではないでしょうか

画像の説明
むち打ちの痛み諦めないでください

交通事故によるむち打ちの治療法のAPT療法、安全で効果的な矯正方法
Top / 交通事故の治療

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional