相模原市で交通事故・むち打ち・肩・腰痛・骨盤矯正が得意な整骨院|小田急相模原|東林間

野球肘

スポーツ障害 野球肘

画像の説明
リトルリーガーズエルボーともいわれ内側型、後方型、外側側に分かれます

野球肘(上腕骨内側上顆炎) 内側型

成長軟骨の骨端炎や骨端線離解で、最初は投球時の軽い痛みから始まり、症状が進むと手首を反らせたりすると痛くなり、更に進むと、痛みのある所を押さえただけで激しい痛みとなっていきます

投球動作やテニスのフォアハンドなどの外反ストレス

前腕屈筋群(橈側手根屈筋、浅指屈筋)の使い過ぎによる上腕骨内側上顆の炎症

肘部の疼痛性運動障害 特に少年期の野球肘には注意が必要

野球肘の多くは内側型で外側型に比べると治りは早く安静にしていれば治っていきます
しかし、症状が進み、腕の伸ばしたり、曲げたりするのもできないないくらい症状が進むと骨がはがれたりしますので手術という事もあります

これを剥離骨折といいますが、あまりひどくない場合は
3週間くらいのギプス固定をして可動域訓練をしてから軽いキャッチボールの練習にはいっていきます

野球 肘編 後方型

これは肘の一番出っ張っている骨の成長軟骨障害、肘頭骨端症、肘頭骨端線離解という症状
これも最初は投球動作で痛み、それから肘の曲げ伸ばしでも痛むようになります

原因は肘頭と肘頭窩の衝突によるもので

関節に炎症の場合、肘頭窩インピンジメントとよばれ
進むと骨端線付近に骨折する場合もあります(肘頭部疲労骨折)
骨端線が離れる(肘頭部骨端線離解)場合もあります

スポーツ障害 肘編 離断性骨軟骨炎

外側型

上腕骨小頭と橈骨頭の繰り返しによる衝突により関節軟骨が損傷炎症

ひび割れたようになり、症状が進むと軟骨骨片が離解離断していきます
こうなっていまうと手術が必要となります

この骨片を取りださないと変形しもとに戻らなくなっていまします
治りが悪い症状の一つです

関節軟骨が軟骨下骨から骨片を伴って剥離する軟骨下骨壊死骨片が大きいと関節遊離体、小さいと関節鼠(ねずみ)となる


当院の治療

当院では野球肘は筋肉、筋膜アプローチから、M-キューブ派による電機治療、テーピング固定により回復させます

徒手治療では肘井流筋肉アプローチで癖になってる筋肉の悪いバランスを戻し痛みの軽減治療をして

電気治療で更に痛みを軽減させます仕上げにテーピング固定をしていきます。これでかなり楽になっていきます

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional